« 稽古風景☆ | トップページ | ウラいわたか10  vol.3 »

2011.09.08

ウラいわたか10 vol.2

ウラいわたか10 vol.2
前回、なんの説明もなく
この「ウラいわたか10」を
スタートさせてしまったので
「?」だった方もいたのでは
ないでしょうか。

たいへん失礼しました。

最近このブログを見はじめた方のために
すこしご説明すると、芝居のことがよく知らない
いわたかの文案担当の私、富田が、
稽古現場に赴き、舞台では見られないかもしれない
役者さんの素顔をご紹介するという企画である。

さて、今回ご紹介するのは、
山口景子さんと斉藤ゆきさん。

これまでにいわたか作品に出演いただいた回数は
お二人あわせて、なんと8回!と
私たちがたいへんお世話になっている役者さんです。

10周年ということで、
普段はあまり聞けない
「いわたかって、あなたにとって、どういう場所ですか?」という
質問を景子さんにぶつけたところ

「いわたかって、実は、私がはじめて客演したところなんです。
だから、ここに来るとあの頃の気持ちになるというか、
原点にかえれるんですよね」

と、ステキな言葉をいただきました。
この間から、みんないい話ばかり。
ひょっとして、流行っているの?いい話。

せっかくなので、ゆっきーに、
今回のいきごみを聞いてみると

「う〜ん…」
とすこし悩んだあと
「めざすことは、いつもと同じかなぁ。
芝居が終わったあと、
ご挨拶したひとに『舞台で観るより小さいんですね』と
言われることです。」

と、なにやら、すごく深そうなことを
言ってくれました。

実際、どう見えるのかは、その目で確かめてほしい。

|

« 稽古風景☆ | トップページ | ウラいわたか10  vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウラいわたか10 vol.2:

« 稽古風景☆ | トップページ | ウラいわたか10  vol.3 »