« うちの | トップページ | Wispとひらり »

2006.03.24

サイスタジオに於ける清水邦夫作品公演#1『行きずりの人たちよ』『署名人』

3/24(金)水谷豊くん(木冬社)の出演のお芝居を観てきました。水谷くんはいわたかproduce#3『rash days』以来約1年4ヶ月ぶりの舞台。久しぶりの再会となりました。公演は清水邦夫作品の2本立てで、水谷くんは木冬社メンバーによる『行きずりの人たちよ』に出演。この作品はラジオ・ドラマとして書かれた作品で、このたび初めて舞台で上演されることになりました。もう一つの作品は文学座メンバーによる『署名人』。この作品は48年前、清水さんが21才の時はじめて書いた作品だそうです。(21才でこんな作品が書けるなんてやっぱりスゴイ!)

久しぶりの水谷くんは少し太っていました。なんでも10Kgほど体重が増えたらしい。そして血色もよく健康そう。少し頼もしくなっていました。公演終了後、久しぶりの談笑。彼は私たちの前回公演『電車を降りれば、すぐそこは君の家。』のことを気にかけてくれていました。彼はその公演を見ていなかったのです。久しぶりに幼馴染に会って話をするかのような感覚で前回公演のことを彼に話しました。話をしているうちにちょっとホッコリしてくるというか、友達っていいなーって思えて幸せっていうか、その時間は僕にとってはそんなひと時でした。ひとしきり話をした後、劇場で軽く初日打ち上げが行われることになり、私たち(いわ&たか)もお言葉に甘えて参加させてもらいました。まったりとした飲み会まで楽しませてもらい感謝感激。ありがとうございました!

公演は4/2(日)まで。よろしければ・・

(たか)

|

« うちの | トップページ | Wispとひらり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイスタジオに於ける清水邦夫作品公演#1『行きずりの人たちよ』『署名人』:

« うちの | トップページ | Wispとひらり »